日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会が仙台で行われて、市民公開講座が行われます。

第33回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会があります。
全国よりアレルギーの専門医が集まります。
宮城県立こども病院 アレルギー科の三浦克志先生が会長を務められます。
こちらの病院も、オープン当時はシックビルになり、三浦先生は化学物質過敏症にご理解のある先生です。

私が2年前にまだ化学物質過敏症に苦しんでいた時に、一般の病院にはとても入れる状態ではありませんでした。
しかし、身内の出産で産科へ行きましたが、病室も分娩室もエタノール臭が無くてとても空気がいい医療機関で感激しました。
NICUは、渡り廊下を越えて建物に入った瞬間からダメでした・・・。


市民講座は、分かりやすいお話が聞けます。

臨床で治療を行っている専門医のお話が聞けます!
医学的な内容は、医師の話を聞くのがベストです。

内容は・・・
喘息
アトピー
食物アレルギー
アナフィラキシー
など幅広くアレルギーについて学べます。

環境アレルギーアドバイザーの受験を検討されている方にはオススメです。

市民公開講座は参加費は無料ですが、当日先着300名となるそうですので、早めに行っていい席をGETしてくださいね~!
テキストをお持ちになって参加されると、より深く理解出来ることと思います。


詳しくはコチラをご覧ください。
 ↓
市民公開講座
http://www2.convention.co.jp/33jspiaad/pdf/seminar.pdf


どちらもどなたでもご参加出来るそうです。


環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク宮城支部
電話 022-702-7969
メール skfsendai@gmail.com

※お申込みを頂いても、ご連絡を取れない方がいらっしゃいます。
 セキュリティを頑丈にされている方は、受信許可をするなどをして頂いて、必ず受信出来る状態にてご連絡をお願いいたします。
 また、当団体からの返信がない場合は、送信が出来ない状況の方ですので、お電話にてお問合せください。