環境アレルギーアドバイザーの試験が宮城県で受験出来ます!

名刺1RED

環境アレルギーアドバイザーとは、一般社団法人日本環境保健機構認定の資格です。
現代は国民の2人に1人が何らかのアレルギーと言われています。
アレルギー、化学物質過敏症、シックハウスなどの環境由来の健康影響について基礎的な知識を幅広く学べます。
日本環境保健機構様にて認定をしています、環境アレルギーアドバイザーという資格の試験が宮城県でも受験出来る様になりました。

一般社団法人日本環境保健機構
http://jeho.or.jp
(宮城支部主催の試験の為に、日本環境保健機構にお問合せをして頂いてもお答え出来ません。)


環境アレルギーアドバイザーの試験は、勉強期間は2~3ヶ月を目安に考えると良いと思います
予備知識がある方で、お時間がある方なら、最短で1ヶ月で合格出来ると思います

日本で唯一の資格です。
需要が急増している資格です。
患者団体の試験事業として、日本環境保健機構認定の試験を行います。


試験日程 2019年8月25日(日)になりました。

2019年8月試験概要はこちらからダウンロード出来ます。

2019年8月試験概要
 ↓
ダウンロード(PDF)


願書請求はメールにてお願いいたします。
願書受付中!
(2019年5月1日より配布開始)

<学習期間>
2~3ヶ月を目安。
★予備知識がある方は1~2ヶ月程度。
☆予備知識がない方は2~3ヶ月程度。


<資格取得までの流れ>
勉強
  ↓
試験 7,800円
  ↓
合格
  ↓
登録 13,000円
  ↓
資格取得
(5年毎更新 5,000円)


すでに宮城県をはじめ他県からも問い合わせを多数頂いております。
当事者、主婦、食品業者、健康業界、農業関係者、子育て支援関連の方、介護業界の方、車業界の方・・・
など幅広くご興味を持たれている方がいてお問合せを頂いております。

また、テキストや問題集を購入されて勉強を開始されている方もいらっしゃいます。
願書を受け付けていますので、以下の願書請求方法にてお願いいたします。


環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク宮城支部 試験概要

受験資格 なし(どなたでも受験出来ます)
※受験者は主婦から経営者まで多数。

受験願書配布期間 5月1日~7月10日
(願書受付中)

受験申込期間 5月1日~7月20日

受験票配布日 8月1日~

試験日時 2019年8月25日(日)

合格発表日 10月中旬予定

受験手数料 7,800円

試験会場 受験票にてお知らせ(仙台市内)

出題方式 マークシートによる四肢択一方式

出題数 100問(90分)

出題範囲 公式テキストより出題

合格基準 60%以上正解にて合格


環境アレルギーアドバイザー試験は、以下の点に関して専門的知識を有するかどうかの判定を基準として試験を実施します。
1、アレルギー、化学物質過敏症、シックハウス症候群、などの環境要因のある問題。
2、日常生活における環境影響(日用品、被服、食生活、住環境など)
3、アレルギーなどに関わる法令関係

環境問題の知識、医療的な知識、栄養学の知識、薬理学の知識、建築系の知識、安全な室内空気の知識、ペットのアレルギーの知識、関連する法律について、衣食住に関わるとても基礎的な事が広く学べます。
基礎的な内容が一通りですので、どなたでも勉強をすれば合格出来ます。



<願書請求の方法>
願書の請求は、必ずメールにてお願いいたします。
請求先 pyuai.miyagi@gmail.com

①お名前
②年齢
③電話番号
④メールアドレス
⑤ご住所
⑥職業
を必ず記入してください。
※必ず受信許可を設定してください。


(宮城支部主催の試験の為に、日本環境保健機構にお問合せをして頂いてもお答え出来ません。)

とても幅広く基礎的な事が学べますので、大切な資格になって行きます。

宮城支部では、業務としてという方だけではなく、当事者の方々が取得して経験を生かせるようなサポートもして行きたいと思っています。



環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク宮城支部
電話 022-702-7969
メール pyuai.miyagi@gmail.com

※ご予約を頂いても、ご連絡を取れない方がいらっしゃいます。
 セキュリティを頑丈にされている方は、受信許可をするなどをして頂いて、必ず受信出来る状態にてご連絡をお願いいたします。
 また、当団体からの返信がない場合は、送信が出来ない状況の方ですので、お電話にてお問合せください。